admin admin Title List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマも中盤になって今さらですが、ドラマレビューです。
(記事途中まで書いてたのにそれが消えちゃったんだよー。で、書く気力がなかなか湧かなかった)

なんだかんだ言いながら、見続けているのは以下の作品です。
(今回はちょっと辛口です・・・ファンの方にはごめんなさい)


銭ゲバ(土曜9時)
実はそんなに期待枠ではなかったんだけど、
作り方が丁寧で、メリハリがあって、なかなか見応えはあると思う。
無職で酒浸りでおまけに暴力をふるうろくでもない父親のせいで、
どん底の貧乏生活を余儀なくされ、そのせいで最愛の母親を病気で亡くした孤独な少年が
どのように生きてきたのか、そしてこれからどう変わっていくのか!?
・・・っていう前向きなストーリーかなぁと思っていたら
松ケンくんがどんどん荒んで(コワレて)きて、共感どころかちょっと見るのがツラくなってきました(汗)
でも、結末は見届けてやろうじゃないか!

ヴォイス~命なき者の声~(月曜9時)
瑛太クンの月9。なんと言っても瑛太クンですよ。(私は瑛太ファンなんです!)
だからこそかなり気合い入れて見てたんですけどねーでもなんだかねー
「医学生、そこまで事件に首突っこまなくていいんじゃん・・・」っていうか
力入れるポイント間違ってませんか?的な根本的なところが気になるですよね、どうしても。
「このままじゃ遺族が納得しない」とか言って職場や家庭に押しかける前に
もっと法医学にやり甲斐を見出す課程とか葛藤とかを描けばいいのに、学生ドラマなんだから。
瑛太クンのあのすべてを見透かしたような表情もあれじゃ逆効果。
謎解きの場面を「ガリレオ」っぽく(?)演出してるのもなんかイヤだ。
同じ法医学を題材にした「きらきらひかる」っていうドラマが昔あって、
それはプロの監察医だったから(しかも素晴らしいキャストで!)説得力あったんだけどな・・・うーん。
ま、でも見るんですけどね。時任三郎さんも生田斗真クンも好きだしね。

トライアングル(火曜9時)
25年前の少女殺害事件を追う主人公とそれに絡む人々が交錯するミステリー。
脇を固めるキャストが私的に超ストライク!
(堺雅人サマや蔵之介さん、そして北大路欣也サマまで!)
この人たちゼッタイなんか隠してるぞっていう含みのある感じがたまらんです。
でも・・・逆にメインの3人があまりハマってない気が・・・。
稲垣吾郎が刑事役っていうのがいちばんありえないんですケド!歩き方とかすごい違和感。
そして江口洋介・広末涼子ご両人の演技もなんかワンパターンというか何というか・・・(ごにょごにょ)
脚本は、「推理モノ」としてのミステリー要素はやや弱いけど
人の気持ちの繋がりとか駆け引きみたいなのはまだまだ色々出てきそうで、そこは興味深いです。

ラブ・シャッフル(金曜10時)
なんだこのバブリー感!そして、カップル4組が毎週シャッフルするという軽薄極まりない展開!
なんか、ここ数年のドラマ界にはなかった要素をごっそり持ってきやがったな(笑)という印象です。
大きな声で「このドラマ見てます」っていうのもちょっと躊躇われるくらいの
空回り感溢れるドラマなんだけど、そんなところが気になってなんとなく見ちゃってます。
アレ?これって結局思うツボなのか?(笑)
脚本が野島伸司なので、深層心理的な要素(キャラクターの持ってる心の闇の部分)
と「ラブ・シャッフル」という試みが繋がってくるんだろうかと思いつつ、
でも今のところはまだ「ありがち」な範囲を超えてないかな。アっと驚く展開に期待。
それにしても、このキャスト(特に男性陣)このドラマに(いい意味で)すごくピッタリだ。

 
スポンサーサイト

4連休の短い夏休みが、瞬く間に終わろうとしています。

その夏休み初日(14日)に
大阪へと赴きまして、念願の初!劇団☆新感線
『五右衛門ロック』 を観劇して参りました。

古田新太、松雪泰子、森山未來、江口洋介、川平慈英、濱田マリ
そしてあの北大路欣也という豪華キャストでお送りする
ロックガンガン系冒険時代活劇という風合いでありましょうか。
“あの稀代の大泥棒・石川五右衛門が、もしも釜茹での刑から逃れていたら?”
というところから始まる何でもアリのストーリー展開。
とにもかくにもパワー溢れる舞台でした!!

※長くなりましたので、興味のある方だけ続きをどうぞ・・・
 
 

昨日はのんびり1人デー。
(わし男ちゃんは同僚のお宅へ遊びに行ったのです)
まずは、広島の隠れた名勝・縮景園でカメラ片手に 梅見 をして参りました~。

向かう途中で急に吹雪になり、一時はどうなることかと思いましたが、
到着する頃にはすっかり青空。日頃の行いがいいのだ、きっと。(笑)

▼市街地のど真ん中にありながらも、とても閑静な庭園です
s-縮景園

全体としては七~八分咲きといった感じでした。
(遅咲き品種はまだ蕾が固かったので、もうしばらくは楽しめそう)
一口に「梅」といっても色んな品種があるんですねぇ。じっくり見ると違いが歴然でした!

▼私がイメージするいちばん「梅らしい梅」。軸が赤っぽい白梅です。
s-白梅

▼青軸系の白梅で『月影』という品種。清楚ですっきりした雰囲気です。
s-月影

▼『八重寒紅梅』というフリルのように豪華な花びらの品種。これがいちばん隆盛でした。
s-八重寒紅梅

▼『鹿児島』という紅梅。わし男曰く「花札に書いてある梅だ!」。なるほど納得。
s-鹿児島

▼ベビーピンクが可愛らしい『藤牡丹』。枝垂れ咲きタイプで、空からボンボリが降ってくるみたい!
s-藤牡丹

s-藤牡丹(全体)




そしてその後は、すぐお隣にある広島県立美術館へ。
と言っても、私は特に芸術に興味があるわけでも造詣が深いわけでもなく(汗)
“ひと目でわかる!日本の美術 この100年”
というキャッチコピーに惹かれて(笑) 『日展100年』展 を見てきたのです。 

いやーこれがまた行ってみて良かったです!!
油彩・水墨画はもちろん、彫刻や工芸や書など日本の最高峰の作品が盛りだくさん。
ど素人だからこそ、「これ好きだなぁ」という直感を大事にしながら
ひとつひとつゆっくり見てみました。

私がいちばん引き寄せられたのは児玉希望の『暮春』という絵画。綺麗でした。
・・・実はこの作品、広島県立美術館に所蔵されているものらしく
ってことは、この機会じゃなくても見られるのね・・・。
あとは生野祥雲斎という方の『怒涛』という竹細工や『植物の印象』という鉄製のオブジェなど
360度違う角度で見られる作品も面白かったです。
美術館もたまには行ってみなきゃですね。
会期中に作品の展示替えもあるらしいので、後半にもう1回行ってみたいな。



自然の恩恵による美しさと人手によってもたらされた芸術。どちらも素晴らしかったです!
たっぷりと目の保養ができた1日でした。
  

先々週あたりから2008冬ドラマも続々とスタート。
(春夏よりも秋冬の方がしっかりドラマを見る気がする・・・。やっぱりコタツがあるからだろうか?)
それはさておき、それぞれ第1話をザザっと見て、 
今後も見続けようかなと思ってるのは以下の作品デス☆

あしたの、喜多善男(火曜10時)
まずはちょっと渋いところから(笑)
善良で平凡な中年男(小日向文世)が死を決意してからの11日間。
何が起きるのか、そして彼の過去に何があったのかというサスペンス要素が
盛り上がってきたらますます面白くなりそう!
大ドンデン返しがありそうで、目が離せません。

鹿男あをによし(木曜10時)
ええ、もちろん玉木宏サマ目当てですとも(笑) 
そして、原作の小説も好きな作品なのです。
「くれぐれもラブな展開になるなよ」と気にしていた藤原(綾瀬はるか、原作では男)
のキャラもセーフ。ていうか、面白いわーあの子。
鹿が喋るだけでも「!?」ですが、今後はもっと荒唐無稽な展開になるはず。
一体どうやって映像化するのだろう?という好奇心からも見続けたいです。

佐々木夫妻の仁義なき戦い(日曜9時) 
日曜の夜は何も考えずに気軽に見れるドラマがいい!ってことで、このドラマは合格。
展開はベタだけど、几帳面な夫(稲垣吾郎)とガサツな妻(小雪)
正反対の2人のバトルが面白い!
吾郎ちゃんは髪を爆発させ、小雪にいたっては鼻血出したままでしたからね(笑)
おかまちゃんエステシシャン役の古田新太さんがキュートなのと
吾郎ちゃんの友達役・山本耕史さんのレスリング姿に萌え~。脇役も素敵です。

篤姫(日曜8時) 
今年の大河ドラマ。主演は宮崎あおいちゃん。
昨年の「風林火山」があまりに濃くて男臭かったのとは対照的に
今のところ、薩摩の女性たちの逞しさを全面に打ち出しながら爽やかに進んでいます。
今後、将軍家に嫁いだ篤姫が大奥で威光を放つまでの変貌ぶりが見もの。
樋口可南子さんの美しさと堺雅人さんのバカ殿っぷりがさすがです。

*その他・・・

上に「斉藤さん」も入れてたんだけど、今日の放送を見て消しちゃいました・・・。
月9「薔薇のない花屋」は盲目の美人がヒロインという設定にあまり興味を惹かれずパス。
でも周囲の評判はなかなかいいんですよねー。うーん、途中からでも見るか迷うところ。
火10「貧乏男子ボンビーメン」はなかなか楽しかったんだけど
同じ時間帯の「~喜多善男」の方が気になったので今回はスルーすることに。
(「喜多善男」が失速した時は復活しそうですが・・・)
金曜深夜の「未来講師めぐる」はクドカン脚本。ビデオ録画してまだ見れてません。
あと、NHKの木曜時代劇「鞍馬天狗」をすっかり失念していた~っ(涙)
野村萬斎サマのお姿が久々にテレビで拝めるので、今週はチェックします!

残念だったのは「ハチミツとクローバー」「1ポンドの福音」かな。
「ハチクロ」に関しては原作への思い入れが強すぎて、やっぱりまともに見れないです。
特に・・・花本先生と野宮さんが違うもん、全然違うもん・・・と呆然。(ため息) 
「1ポンド~」は小林聡美&もたいまさこのご両人が出るので楽しみにしてたんですが、
脚本が・・・あり得ない上に不真面目すぎませんかね。キャストがいいだけにもったいない。

他に「コレが面白いよ」というオススメや
「いやいやアンタ分かってないよ」というご指摘などありましたら、どしどしお待ちしております☆
  

ドラマウォッチャー歴・二十数年のワタクシ。
(おマセさんだったので小学校低学年から食いついてましたっ)

でもここ最近、著しく見る本数が減っております。
理由をぶっちゃけて言えば
●3ヶ月間、毎週見続けるということがちょっと面倒
●主役が明らかに自分より年下世代になり(高校生のラブとか)興味がわかない
●漫画や小説が原作のものが多過ぎて
 「続きを見なくても読めるからもういいや」と思ってしまう

上の2つについては「あーあ、私ももう歳だわねー」ってことで収まりがつくんだけど 
3番目には結構 「プンスカ! です。
最近のドラマはヒドすぎない?漫画に頼りすぎてない??

いやね、もちろん丁寧にドラマ化してる上質な作品もあると思いますよ。
『Dr.コトー診療所』は大好きで毎週ウルウルだったし
最近では『のだめカンタービレ』もキャスティングがハマってて楽しかった!

でも、でもね。
「あの面白い原作をここまで面白くなくできるって、ある意味スゲェ・・・」
って呆然とする場合もあるんですよねーーー。(今放送中の『○○倶楽部』とか)
それは元々の原作ファンからすると大変悲しいことであります。
視聴率とか観客動員があらかじめ見込めるし、
おまけに原作が売れるから出版社や書店もウホウホだし、
この流れはさらに加速しそうですけどね。。。

そうそう。最近知ったところでは、
私の大好きなマンガ『ハチミツとクローバー』もドラマ化されるそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000048-spn-ent 
真山クン&野宮さんのキャスティング次第じゃあ、
いや、もしも2人がメガネを掛けてなかった日にゃあ、暴れてやるっ!
(そんな私はメガネ萌え。エヘッ)



文句ばっかり言ってる割には、今期も1回目は満遍なくチェックしましたよ。
で、ぴのまま認定2007年秋ドラマはこちらの3本デス☆
 
※長くなったので、興味のある方だけ続きをどうぞ。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぴのままの備忘録。リターンズ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。