admin admin Title List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



広島は、桜が満開。
いい天気!
スポンサーサイト

広島は今、「新球場」オープンでとても活気づいております。
(正式名称は「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」、略称は「マツダスタジアム」)

地元開幕3連戦は全席完売。
そんなレアチケットをネットであっさりゲットすることができた幸運な私は
雲ひとつないデーゲーム日和の昨日、真新しいスタジアムに足を運んできました。


広島駅から約800m。徒歩10分弱といったところでしょうか。
駅からスタジアムに続く道は、途中、道幅が充分とは言えない部分はありながらも
きちんと整備され、特にスタジアム入口の長いスロープはゆったりと歩くことができました。
(はりきって試合開始2時間半前に到着したからか?)
s-DSCN1766.jpg

目に飛び込んでくるこの鮮やかな天然芝!すんごく綺麗!(興奮)
風通りがよくなるようにと壁が極力少なくしてあって、開放感溢れる造りになっておりました。
私がこの写真を撮ったのは、球場をグルっと周回できる通路(コンコース)。
今までの球場にあった内外野の仕切りとかフェンスとかが一切なく
360度どの位置からでもグランドを見ることができます。
s-DSCN1772.jpg

この日座ったのは1塁側内野指定席。
客席とグラウンドの間に金網がなく、傾斜も緩やかなので
この写真で見るよりもずっと選手が近く感じられました。
s-DSCN1777.jpg

ちなみに、試合が進むにつれ、バックネット裏から1塁側はほぼ全域が日陰になりました。
(私たちの席は試合開始から最後までずーっと日陰でした)
逆に3塁側から外野のスタンドはずっーと太陽が燦々と降り注いでおりましたので
日焼けの気になる女性の皆様には、デーゲームなら1塁側をオススメします。
s-DSCN1782.jpg

そうそう。ユニコーンファンとして忘れてはなりませぬ。
我らがユニコーンはライトスタンドのとても目立つ位置にこんなに大きな看板を掲げておりました。
s-DSCN1767.jpg

赤帽子に赤Tシャツで気合充分の私。ユニコーン看板の前で記念写真。
s-DSCN1775.jpg

赤ヘルの容器に入ったソフトクリームもゲットです。なかなかナイスアイデアだわー。
s-DSCN1768.jpg

さて、肝心の試合はと言いますと、若きエース・前田健太(マエケン)投手が
自身の誕生日に「バースデー完封」をやってのけてくれました。
マエケン、なんか受け答えとかすんごく可愛いのよねー。なのにマウンドでは堂々としていて頼りになる。
母性本能&ファン魂をくすぐられまくりであります。(マエケンタオルも買っちゃいました)
s-DSCN1780.jpg

こうして見事に新球場での初勝利を目の当たりにすることが出来たのでありました!!



新球場は、何度でも足を運びたくなるようなすごくいいスタジアムだと思います。
席の種類も、ソファに寝そべって観戦できる「寝ソべりア」とか
テーブルを囲んで家族や仲間とゆっくり見れる「テラスシート」とかありますし、
カープファンでなくとも、野球ファンでなくとも1度は足を運んでみていただきたい!
行って、見て、体感すれば気持ちよさがきっと分かる・・・そんな球場ですよ。
  

毎日1人ずつインフルエンザで会社を休み人が増えている我が職場。
しかもどんどん席が近くなってるんですけどーーー!


実はワタクシ、先週の始めからずっと胃の調子が悪くて
食べてはムカムカ、ムカムカしては吐くの繰り返しでございました。
途中で高熱も出たりしたので「まさか、インフル!?」と思い病院で検査もしましたが
結果は陰性。ウイルス性胃腸炎と診断されました。
(ところであの鼻にスティック突っ込む検査、イヤな痛さだよねー。泣きそうになりました)


完全に食欲が復活したのはようやく昨日から。
なのにここでインフルエンザまでうつされちゃったらシャレになんない。

今日はお義母たま手作りの恵方巻にもかぶりついたし、
微量ながらちゃんと豆まきもしたし、
しっかり睡眠と栄養を取って、この流行が過ぎ去るまで抵抗力をつけたいと思います。

皆様も風邪・インフルエンザにご注意を!
 

皆様、你好!(ニーハオ)
学生時代の第2外国語は中国語でした・・・ぴのままデス。
(「ニーハオ」の発音は「ニィ(↑上がる)ハァ(↓下がる)オ」です)

あと2日でオリンピックが閉幕してしまうーーー。
寂しさに襲われる今日この頃であります。

それにしても、ちょっと!観ましたか!?
ソフトボール女子の決勝戦を!!!
すごい、すごいよ、あの選手たち。
2度も負けた強豪を相手に、しかも2日で3試合という強行スケジュールの中を
あの戦いぶりはもう見事としか言いようがありません!!!
解説席の宇津木ママの名調子(!?)も相まって
今大会でいちばん印象に残った競技となりました。
(ヅカファンの私としては、上野投手のあの凛々しさと齋藤監督のノーブルな雰囲気が
 とっても魅力的に映りました。ぜひ男役をやってほしい・・・笑)

あと、シンクロナイズドスイミングの団体も残ってますね。これも楽しみ!
フィギュアスケートもそうなんですけど、
とてもハードなスポーツでありながら、ひとつの芸術としてウットリさせてくれる
あの感じがたまらなく好きなんです。
スペインや中国といったライバルとの実力は拮抗していますから、
ぜひとも納得の演技をして、メダルを取ってほしいなと思います。

そして、うーーーん、やっぱり一言言わずにおられない。野球


そもそも私は、野球を日々の生業として高額な年俸を稼いでいるプロ選手ばかりを
集めるチーム作りというのにはいささか抵抗がありまして・・・。
野球は大好きなスポーツなんだけど、
なんとなくオリンピックの野球は応援できない(したくない)という心持ちで
正直言って今回はあまり真剣に観戦していませんでした。
(まあ、カープの選手が選ばれてないっていうのも大きな理由なんですけどね)

だって、例えば水泳の北島選手やソフトボール日本代表チームや
その他の多くの出場選手たちのように
4年に1度のたった1日だけの晴れ舞台をを夢見て
必死に頑張って、己の心身を、そしてチームとしての力を培ってきたというわけじゃないから。
プロチームに所属してペナントレースを勝ち抜くことが彼らの常日頃の目標であって
オリンピック出場や金メダル獲得を最大の目標にしてきた人たちじゃない。
競技の魅力や自分の実力をアピールしたいっていう意欲や執念が他の競技と違う気がする・・・。
そういうチームで戦うこと自体に違和感があって、
オリンピックだけを目標にしてきた他の競技の選手たちと同じように
応援することができなかったのです。

結果論になってしまって大変恐縮ですが・・・
★野監督は、なんというか、情にすごく厚くて
一度自分が信じた選手はとことん信じる方のようにお見受けします。
身内意識が高いっていうのかな。
それって、ベンチをひとつにするとか、選手に自信を持たせるという意味では
とても大事な要素のひとつだと思いますが、今回に限って言えば、
冷静な人選に繋がってないのではないか・・・という印象も否めませんでした。

是が非でも金メダルを取りたいんだ!という思いがあるのなら
全体がもっと意識を変える必要があったんじゃないのかな。
プロの世界での知名度や過去の実績だけじゃなくて、
もっとチームとしての力を高められるような、根本的なところを。

なーんて、エラそうに語ってしまいましたが(スミマセン)
最後のゲームは「これぞプロの力」っていうのを出し切ってほしいところです。


では皆様、再見!(ツァイジェン)
(「ツァイジェン」は「ツァ」と「ジェ」を強めて発音します)
   

過去の記事にも書いたことがあるのですが
「これでいいのだ」って、とても奥深くていい言葉だなぁと思うのです。

この言葉を生み出した赤塚不二夫さんが亡くなられました。

『天才バカボン』はもちろん、『おそ松くん』も『ひみつのアッコちゃん』も
私は小さい頃にとてもよく見ていました。
テレビがあって、そこに赤塚アニメのあのキャラクターたちが動いていたら
ただそれだけで、何も考えずに笑いながらずっと見続けることができました。

続きが気になって仕方が無かったとか
感動したとか勇気付けられたとか考えさせられたとか、そういう大きな引力じゃなくて
逆に見ているとうまく力を抜かされてしまうところが、他にはない魅力だった気がします。
余韻はないんだけど、それでいてギャグはついつい何度もマネしてしまうんですよね。

今日の告別式のタモリさんの弔辞が素晴らしくて、何だかすごく心に響きました。


ご冥福をお祈りいたします。
   



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぴのままの備忘録。リターンズ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。