FC2ブログ


admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はのんびり1人デー。
(わし男ちゃんは同僚のお宅へ遊びに行ったのです)
まずは、広島の隠れた名勝・縮景園でカメラ片手に 梅見 をして参りました~。

向かう途中で急に吹雪になり、一時はどうなることかと思いましたが、
到着する頃にはすっかり青空。日頃の行いがいいのだ、きっと。(笑)

▼市街地のど真ん中にありながらも、とても閑静な庭園です
s-縮景園

全体としては七~八分咲きといった感じでした。
(遅咲き品種はまだ蕾が固かったので、もうしばらくは楽しめそう)
一口に「梅」といっても色んな品種があるんですねぇ。じっくり見ると違いが歴然でした!

▼私がイメージするいちばん「梅らしい梅」。軸が赤っぽい白梅です。
s-白梅

▼青軸系の白梅で『月影』という品種。清楚ですっきりした雰囲気です。
s-月影

▼『八重寒紅梅』というフリルのように豪華な花びらの品種。これがいちばん隆盛でした。
s-八重寒紅梅

▼『鹿児島』という紅梅。わし男曰く「花札に書いてある梅だ!」。なるほど納得。
s-鹿児島

▼ベビーピンクが可愛らしい『藤牡丹』。枝垂れ咲きタイプで、空からボンボリが降ってくるみたい!
s-藤牡丹

s-藤牡丹(全体)




そしてその後は、すぐお隣にある広島県立美術館へ。
と言っても、私は特に芸術に興味があるわけでも造詣が深いわけでもなく(汗)
“ひと目でわかる!日本の美術 この100年”
というキャッチコピーに惹かれて(笑) 『日展100年』展 を見てきたのです。 

いやーこれがまた行ってみて良かったです!!
油彩・水墨画はもちろん、彫刻や工芸や書など日本の最高峰の作品が盛りだくさん。
ど素人だからこそ、「これ好きだなぁ」という直感を大事にしながら
ひとつひとつゆっくり見てみました。

私がいちばん引き寄せられたのは児玉希望の『暮春』という絵画。綺麗でした。
・・・実はこの作品、広島県立美術館に所蔵されているものらしく
ってことは、この機会じゃなくても見られるのね・・・。
あとは生野祥雲斎という方の『怒涛』という竹細工や『植物の印象』という鉄製のオブジェなど
360度違う角度で見られる作品も面白かったです。
美術館もたまには行ってみなきゃですね。
会期中に作品の展示替えもあるらしいので、後半にもう1回行ってみたいな。



自然の恩恵による美しさと人手によってもたらされた芸術。どちらも素晴らしかったです!
たっぷりと目の保養ができた1日でした。
  
スポンサーサイト




へええ、梅ってこんなに種類があるんだね!!
全然知らなんだよー!!
いわゆる基本の梅も素敵だけど、八重寒紅とか、藤牡丹も華麗だね(´ー`)
なんだか30過ぎて、桜とか梅とか本当に心から美しいと思います。。
私も来週末、その名も青梅という関東の梅の里に、梅を見に行ってくる予定なのだ!!実は内心、青梅銘菓のへそまんじゅう目当てだったけど、ぴのっちの記事を読んだら梅もものすごい楽しみになってきたよ!!
【2008/03/01 14:41】 URL | まーすけ #-[ 編集]
まーたんへ♪
さすがに「松竹梅」とおめでたいものに数えられるだけのことはある!(なんじゃそりゃ)
梅はなかなか奥が深いよー。私は藤牡丹が好きでした♪
確かに、幼い頃や若かりし頃は花を見てもここまで心が安らいだり
感動したりしなかった気がする。これがオトナの機微ってやつかしら?(笑)
青梅って地名からして綺麗だわねー。
へそまんじゅうも同じく気になるけど、梅もしっかり堪能してきてね☆
【2008/03/04 18:34】 URL | ぴのまま → まーすけさん #dzO3f8cA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ぴのままの備忘録。リターンズ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。