FC2ブログ


admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務大臣がモーローとしながら記者会見してソッコーで辞任したことよりも
「おくりびと」がめでたくオスカー獲っちゃったことよりも(いやーいい映画でした、この作品)
ここ最近で私がいちばんビックリしたのは、そして心が痛んだのはやはりこのニュースでした。

 香川県は19日、県立中央病院(高松市、松本祐蔵院長)で昨秋、
 不妊治療中に体外受精をした20代女性の子宮に
 間違って別人の受精卵を戻した可能性があり、
 妊娠9週目で人工妊娠中絶をしたと発表した。



なんで・・・なんでそんなことになってしまったんだろう。

2度目の体外受精でようやくお腹に授かった命が
まったく別の誰かのものであるかもしれないと告げられたとき
そしてその尊い命を育み続けるということを断ち切らざるを得なくなったとき
そこには計り知れないショックがあっただろうと思う。

しかもその後明らかになったところによると、移植は2回おこなわれていて
片方はこのご夫婦のものであったこと、
つまり移植された二つの受精卵のうち、どちらが育っていたかはわからず、
本人の子どもだった可能性は高いという。

こんなことはもう2度とあってはならない。
確認さえ徹底すれば防ぐことができたミス。
しかしこういった単純なミスこそが、今回のような取り返しのつかないことにたちまち結びつく。
生殖医療のみならず、すべての医療現場で忘れてはならないことであると思う。


絶対に許されることではないと前置きした上で、その一方で
今、不妊治療をしている私自身は、
約15年もの間不妊治療に従事してきたという担当医師ひとりだけを責める気にはなれなかった。
この先生のおかげで生まれた命もたくさんある。
もちろん、だからといって今回のことが帳消しになるわけでもないし
ご夫婦が受けた傷が癒えるものではないのけれど。

いま、日本の産婦人科医が圧倒的に不足しているという現実を正面から受け止めて
医療事故が起きると病院側や政府が口を揃えて言う「徹底したマニュアル作り」よりも先に
(いやそれも大事なことではあるのだけれど)
根本的な体制の変革が求められているのではないだろうか。


子供がほしい、だけどなかなか現実にこの手に抱くことができない
私のような人が世の中には本当にたくさんいて
だからこそ、こうした大きな事故が原因でますます治療の垣根が高くなってしまったり
不妊治療=危険なものであるという誤った認識が根付いてしまったり
そんなことが決してありませんように、と願わずにはいられません。

最後になりましたが、天国の赤ちゃんが安らかに
このご夫婦を見守ってくれますように。

  
スポンサーサイト




私もね、このニュースを見たときになんともいえない気持ちになったの。
子供が欲しくて欲しくて授かった命、妊娠がわかったときの喜びを想像したら。。。

かと思えばアメリカでは母体に危険を及ぼす恐れのある6個もの受精卵をおなかに戻して8つ子が産まれたり・・・。

生殖医療ってとっても難しい問題だよね。。。
【2009/03/02 12:01】 URL | あちゃ #-[ 編集]
私もこの事件は全く他人事とは思えなくて、本当に悲しくてやるせない気持ちになりました。
実際、まだ病院には2個の大切な受精卵が凍結されているので、もしそれが誰か他の方に移植されてしまったり、また逆のことを考えると、本当に心が痛みます。
私も、新聞やテレビで見る限り、この医師や病院は、できるだけの誠実な対応をしようと努力したように見えるし、一方的に責める気にはならないんだけど、やはり事の重大さを考えると、絶対にあってはならないミスだったと思います。

そしてぴのっちの言うとおり、このことが原因で、体外受精を含む不妊治療が奇異な目で見られたり、治療を受けたいと願うご夫婦が治療を受けづらくなるようなことにならないことを切に祈ります。
【2009/03/06 13:29】 URL | まーすけ #-[ 編集]
あちゃぽん
毎度ながらお返事が遅くなってゴメンなさい!
驚くほどの多胎妊娠・出産の海外ニュースを耳にするけど
そうか・・・そういう移植がおこなわれたりするからなのか。
日本では倫理的な問題を重要視するから認められないことでも
「どうしても我が子がほしい」という人にとっては多胎のリスクよりも
その気持ちを優先させてしまうということなのだろうか・・・。
でも母体に危険があったらそれこそ命の尊厳を無視する行為になるし
本当にこういった問題は議論の尽きることがないよね。難しいなぁ・・・。
【2009/03/11 22:33】 URL | ぴのまま → あちゃさん #dzO3f8cA[ 編集]
まーすけさん
私のように治療を継続している人も、これからの治療を検討している人も
そしてその治療を経験して妊娠・出産に至った方々にとっても
本当に色んな立場の人たちが胸を痛めた事故だったと思います。
体外受精って精神的にも身体的にも経済的にも
患者としてはあらゆる面を熟慮して決心して、切実な気持ちで進む治療だから
最後の最後の砦をどうかこういう形で無にしないでほしいと強く思いました。
【2009/03/11 22:38】 URL | ぴのまま → まーすけさん #dzO3f8cA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ぴのままの備忘録。リターンズ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。